ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、不定期で掲載中。

過去に撮影した券売機コーナーまとめ(その2)

この記事では、過去に私が撮影した券売機コーナーの画像をご紹介します。
2年ぶりの過去撮影の券売機まとめ記事、今回も、2013年にJR九州の駅で撮影した画像です。
別件でUSBメモリ内の画像を探していたところ、何駅か画像を見つけました。
なお、過去に撮影した画像ですので、画質等はご容赦ください。

新鳥栖駅


2011年3月に九州新幹線全線開業に合わせて開業した新鳥栖駅
2013年5月に訪問した際に撮影しました。
こちらは在来線側の券売機コーナー。
当時は福岡・佐賀のSUGOCA導入駅に多く設置されていた、日本信号製の券売機(MX-7/SX-7)です。
頭上に設置されたあいうえお順(五十音順)の運賃表が今では懐かしく感じます。


続いては新幹線側の券売機コーナー。
指定席券売機がMV35Dだったころの画像です。現在はMV50に更新されました。

原田駅


鹿児島本線原田線(筑豊本線)の列車が発着する原田駅
2013年7月に撮影した画像です。
日本信号製のタッチパネル式券売機+ボタン式券売機の組み合わせ。
2014年の運賃改定前に券売機が更新されるまでは、かつては多くの駅の券売機コーナーがこの組み合わせでした。
そういえば、私がSUGOCAを持って以降、収集用のきっぷはSUGOCAの残高を使って購入するようになったため、ボタン式券売機はほとんど使わなくなったなぁ…と感じます。

西戸崎


香椎線の始発駅である西戸崎駅、2013年8月に訪問した際に撮影したものです。
設置されている券売機は現在と同じ高見沢製のMCVですが、このときはICカードに対応していませんでした。
2013年当時は有人駅でしたが、現在は遠隔システムの導入により無人駅となっています。
関係ないのですが、有人窓口付近にあった懐かしいピンク電話が今も現役なのか、気になります…。

たまにTwitterで過去に撮影した券売機コーナーの画像を掲載しているのですが、なんとなくブログにも掲載したくなったので掲載してみました。
すでにTwitterで見たことがあるよ~という方ももしかしたらいらっしゃったかもしれません。
好評&ネタが見つかる場合はまだまだ続くかもしれません。
どうぞお楽しみに!