ドリドリっちの鉄道ブログ

北九州方面への駅訪問は12月以降になりそうです。

東水巻駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2017年5月4日に訪問した、東水巻駅です。
東水巻駅は、福岡県遠賀郡水巻町にある駅です。
2015年に無人化されています。
f:id:JW37BWAN:20171124214905j:plain
ログハウス風の駅舎です。日田杉が使われているそうです(Wikipedia記載)。
f:id:JW37BWAN:20171124215331j:plain
券売機。高見沢製のMCVが1台設置されています。異常時に備えて、インターホンが横に設置されています。
窓口は閉鎖されています。
f:id:JW37BWAN:20171124220000j:plain
運賃表です。折尾駅からの運賃は160円、赤間駅からの運賃は370円、小倉駅からの運賃は460円、香椎駅田川後藤寺駅からの運賃は840円、博多駅からの運賃は1110円、中津駅からの運賃は1470円です。
f:id:JW37BWAN:20171124215556j:plain
券売機コーナーの向かい側にある待合所。木製のイスとテーブルがあります。
f:id:JW37BWAN:20171124220519j:plain
改札口。ICカードの読み取り機が設置されています。かつては、通路中央に磁気券専用の簡易改札機が設置されていましたが、無人化前後に撤去されたようです。
f:id:JW37BWAN:20171124220930j:plain
出場側。係員対応精算機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171124221050j:plain
係員対応精算機には、ホワイトボードがかけてあります。
f:id:JW37BWAN:20171124221347j:plain
ホームは島式1面2線。ホーム幅はかなり広いですが、中央部分は未舗装です。また、上屋は線路付近のみの設置です。
f:id:JW37BWAN:20171124221702j:plain
中間・直方・桂川方面。
f:id:JW37BWAN:20171124221909j:plain
折尾方面。先端部分はホーム幅が狭くなっています。
次回は、赤間駅を紹介予定です。