ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、順次更新予定。

大分駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2017年1月1日に訪問した、大分駅です。
大分駅大分県大分市にある駅です。
大分市の代表駅で、日豊本線豊肥本線久大本線の3路線の列車が発車します。
大分駅は、各方向への最終列車の発車時刻が、一律23時40分となっています(2017年3月4日ダイヤ改正時点、日豊本線下り・臼杵行き、日豊本線上り・中山香行き、豊肥本線上り・三重町行き、久大本線上り・庄内行きの4列車)。
特急「ソニック」と特急「にちりん」の接続駅となっています。大分駅で改札を出ずにこの2つの列車を乗り継ぐ場合は、通しの料金で乗車することができます。
f:id:JW37BWAN:20170628224611j:plain
府内中央口(北口)です。2012年3月に高架化が完了し、駅前もきれいに整備されています。訪問は元日の午前9時過ぎ。商業施設で行われる初売りに、長蛇の列ができていました。デザインは、JR九州ではお馴染みの水戸岡鋭治氏です。この駅舎の雰囲気、なんか好きです。
f:id:JW37BWAN:20170628225601j:plain
こちらは上野の森口(南口)です。こちらもきれいに整備されていますね。
f:id:JW37BWAN:20170628225946j:plain
コンコースの店舗にも行列ができていました。
f:id:JW37BWAN:20170628230029j:plain
券売機です。主要駅とあって設置台数も7台と多めです。高見沢製のMCVが6台設置、うち2台はICカード対応です。また、指定席券売機も1台設置されています。
f:id:JW37BWAN:20170628230305j:plain
運賃表です。JR九州の駅では、2014年の運賃改定に合わせてほとんどの駅で共通デザインの運賃表になりましたが、大分駅では改定前と同じ、独自デザインのものを使用しています。大分駅では改定直後は共通デザインの運賃表でしたが、いつの間にか独自デザインのものに変更されたようです。
別府駅からの運賃は280円、杵築駅からの運賃は650円、臼杵駅からの運賃は740円、津久見駅由布院駅からの運賃は940円、宇佐駅からの運賃は1110円、柳ヶ浦駅豊後竹田駅佐伯駅からの運賃は1290円、中津駅からの運賃は1650円です。
f:id:JW37BWAN:20170628231032j:plain
改札口。改札機は7台設置されています。改札口に設置されている発車案内は液晶タイプです。
f:id:JW37BWAN:20170628231216j:plain
鶴崎臼杵・佐伯方面。ホームは4面8線。7・8番のりばには、架線がありません。
f:id:JW37BWAN:20170628231805j:plain
別府・宇佐・中津・小倉方面。訪問日は快晴でした。主要駅とあって、列車が到着するたびに多くの人でにぎわいます
次回は、柚須駅を紹介予定です。