ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、不定期で掲載中。

徳益駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2021年6月30日に訪問した徳益駅です。

もくじ

概要

徳益駅は、福岡県柳川市にある駅です。
無人駅となっており、周辺には住宅地や田畑が広がっています。
2020年度の1日平均乗降人員は148人で、西鉄天神大牟田線では最も乗降人数が少ない駅です。

駅入口付近


駅舎はありません。
踏切のすぐそばに、ホームへとつながる通路があります。
公衆電話が設置されていますが、どれほどの需要があるのでしょうか。

運賃表


駅名板のすぐ下に運賃表が設置されています。

時刻表


平日・土曜・日祝日ともに、日中は1時間に2本程度普通が停車します。
(訪問当時の時刻表です)
訪問当時は福岡県にまん延防止等重点措置が適用されていたため、土曜・日祝日は本数を減らして運行されていました。

駅入口付近


ホームへはスロープ状の通路で連絡しています。
ちょうど久留米方面行きの列車が停車していました。
この駅には、基本的に2両編成で運転される普通ワンマン電車が停車します。

駅入口にはトイレが設置されています。
訪問当時は既存のものを建て替える工事が行われていたらしく、仮設のものが設置されていました。

改札機


駅入口には、ICカードの読み取り機が設置されています。

出場側。
雨による故障を防ぐためか、読み取り機にはカバーがかけられていました。

ホーム


西鉄柳川大善寺西鉄久留米方面。ホームは単式1面1線となっています。
単線区間に位置し、ホームの先端は少しカーブしています。
少し先に60キロポストが見えます。

新栄町・大牟田方面。
ホームの幅は狭く、列車が通過する際は注意が必要です。

待合所


ホーム上には待合所が設置されています。
FRP製の椅子のほか、乗車駅証明書発行機、運賃箱兼インターホンが設置されていました。
徳益駅には自動券売機が設置されていないため、現金で乗車する際は乗車駅証明書を発行し、運賃は降車駅で支払う必要があります。
また、この駅で降車する際は、運賃または乗車券を運賃箱に投入する
形となっています。

次回紹介予定駅

次回は、西鉄柳川駅を紹介予定です。

記事へのリンク

掲載をお楽しみに!