ドリドリっちの鉄道ブログ

平成29年7月九州北部豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈りしております。

柚須駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2016年12月2日に訪問した、柚須駅です。
柚須駅は、福岡県糟屋郡粕屋町にある駅です。
2015年3月のダイヤ改正で、これまでの普通列車に加え、快速列車も停車するようになりました。
f:id:JW37BWAN:20170723205155j:plain
駅舎…といいたいところですが、手前にある駐輪場で、目立たない存在になってしまっています。駅への方向案内はあるのですが…。
f:id:JW37BWAN:20170723205700j:plain
少し奥のほうへ進むと、「粕屋町待合所」と書かれた待合室があります。
f:id:JW37BWAN:20170723210010j:plain
中はこぢんまりとしています。
f:id:JW37BWAN:20170723210155j:plain
券売機です。高見沢製のVTQが1台設置されています。
f:id:JW37BWAN:20170723210330j:plain
運賃表です。博多駅長者原駅からの運賃は210円、香椎駅篠栗駅からの運賃は230円、二日市駅からの運賃は370円、赤間駅鳥栖駅からの運賃は650円、久留米駅からの運賃は740円、小倉駅からの運賃は1290円です。
f:id:JW37BWAN:20170723210703j:plain
みどりの窓口が営業しています。かつてはPOS端末設置駅だったようです
f:id:JW37BWAN:20170723210908j:plain
改札口。改札機は2台。スペースの関係で、少しずらして設置してあります
f:id:JW37BWAN:20170723211049j:plain
吉塚・博多方面。ホームは単式2面2線。2016年10月15日より、新しい1番のりばが使用開始されました。以前は、島式1面2線でした
撮影当時、旧1番のりば側に柵を設置する工事が行われていました。
f:id:JW37BWAN:20170723211224j:plain
長者原篠栗・飯塚・直方方面。2番のりば側を通過線とする一線スルー式の構造となっていますが、通常は、1番のりば側を博多方面、2番のりば側を篠栗方面の列車が使用します。ホームの幅は狭く、島式1面2線で快速列車が通過していたころは、2番のりば側を通過列車がたびたび高速で通過していたため、恐怖を感じることもありました。
f:id:JW37BWAN:20170723211635j:plain
2番のりばへは構内踏切を渡ります。
次回は、ししぶ駅を紹介予定です。