ドリドリっちの鉄道ブログ

10月以降、無理のない範囲で徐々に活動範囲を拡大予定。

鹿児島本線・千早~箱崎間に2025年目標で新駅設置へ

JR九州が10月16日に発表したプレスリリースによりますと、
鹿児島本線の千早~箱崎間に2025年を目標に新駅が設置されることがわかりました。
この新駅の設置場所は千早駅から2.3キロ、箱崎駅から1.7キロの地点で、地下鉄箱崎線西鉄貝塚線貝塚駅の東側に位置します。
新駅の設置は九大箱崎キャンパス跡地の再開発に合わせて実施されるもので、かねてから地域住民の協議会が福岡市やJR九州に新駅の設置を要望していました。
新駅設置により、設置場所付近の踏切は廃止。踏切廃止に合わせて整備される駅の自由通路は福岡市が整備します。
事業費の概算は約13億円で、半分をJR九州が、残りの半分をURと九州大学が負担する形で駅が整備されます。
付近住民の新駅利用と、西鉄・地下鉄⇔JRの乗り換え需要に期待したいですね。
f:id:JW37BWAN:20201018231444j:plain
箱崎駅駅名標(2016年撮影)。新駅開業後は上り方の駅名が現在の「千早」から新駅に変わります。
今後発表される新駅の名称にも注目したいなと思います。
また、この話題をツイートしたところTwitterのフォロワーさんから新駅の場所に交交セクション(無電区間、この区間では電車は加速禁止)があるため、
今後の処遇が気になるとの返信をいただきました。
そのままの状態では新駅を設置できないものと思われますので、線路設備の状況にも注目していきたいですね。
JR九州プレスリリース(リンク先PDF)
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/10/16/201016kaizuka_sineki.pdf
参考記事
NHK福岡 「JR 鹿児島本線に新駅設置決定」 10月16日19時18分配信

西日本新聞「JR鹿児島線 貝塚駅東側に新駅建設」 10月17日6時04分配信

レスポンス「鹿児島本線千早~箱崎間に新駅設置へ…九大箱崎キャンパス跡地活用の一環 2025年の開業を目指す」
10月18日6時45分配信