ドリドリっちの鉄道ブログ

令和時代の初旅、どこに行こうかな。

JR九州の券売機券、日付表記に変化が!

2018年12月23日に羽犬塚駅荒木駅肥前旭駅基山駅の4駅の券売機で近距離きっぷを発券して確認したことですが、高見沢製の券売機が設置されている荒木駅肥前旭駅基山駅できっぷ左側に表記されている日付表記が、平成30年の和暦表記から2018年の西暦表記に変更されていました。
f:id:JW37BWAN:20181225222201j:plain
(※収集・確認用のため小児券を購入。画像を一部加工しています)
上から基山駅(高見沢製VTQ)、荒木駅(高見沢製MCV)、肥前旭駅(高見沢製ULCV)、羽犬塚駅(日本信号製MX-7)で発券したきっぷです。羽犬塚駅を除く3駅の券売機で、年号表記が西暦に変更されています。
f:id:JW37BWAN:20181225222532j:plain
(※収集・確認用のため小児券を購入。画像を一部加工しています)
同じ基山駅で2018年12月23日と同年3月30日に発券したきっぷ。年の部分が西暦に変わったため、日付部分の文字の幅が狭くなっていることが確認できます。
また、シンフォニアテクノロジー製の食券型券売機でも2019年になってから日付が西暦表記に変更されているのを確認しています。
なお、2019年5月2日時点で、日本信号製MX-7では西暦表記への変更が確認できておらず、和暦と西暦のきっぷが混在している状況となっています。
現在、日本信号製の券売機が設置されている駅で順次高見沢製の券売機への置き換えが進んでおり、5月1日の令和改元までに日本信号製の券売機はすべて置き換えられるのではないかと見ていましたが、5月1日以降も一部の駅ではMX-7が残存しており、改元後も和暦表記となっています。
別記事で記載していますので、ご覧ください。

ツイート




(2018年12月25日記事作成、最終更新2019年5月2日)