ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、順次更新予定。

はてなブログ・HTTPS化に関するお知らせと当ブログの対応について


はてな様より、はてなブログのページにHTTPS接続(SSL)を導入するとの発表がありました。
上記リンクの記事によりますとブログページへのHTTPS導入は11月ごろの予定とのことで、当ブログでは、
様子を見ながら、順次開設しているページについて、HTTPSから始まるURLに変更したいと考えています。

日豊本線・臼杵~佐伯間、12月18日運転再開へ

JR九州によると、台風18号で線路災害が発生し運転を見合わせていた日豊本線臼杵~佐伯間について、12月18日の始発より運転を再開すると発表。JR九州は12月下旬の再開を目指して復旧作業を進めてきたが、「復旧作業の進捗に伴い、12月18日(月)の始発列車より運転を再開する見込み」としている。JR九州から線路施設を借り入れて貨物列車を運行しているJR貨物も11月15日、同区間の復旧にあわせて運転を再開する予定と発表した。
なお、復旧区間の一部で徐行運転が行われるため、一部の列車で時刻の変更を予定。また、普通列車の一部は、運休になる予定となっている。この区間での代行輸送については、12月17日で終了する予定となっている。
特急列車の指定券は、運転時刻の発表にあわせて発売。
JR九州によると、運転時刻は最終調整中。決定次第、ウェブサイトなどで告知されるという。
参考記事 乗りものニュース、レスポンス


災害に伴う運行状況のご案内について(11月18日閲覧、JR九州ホームページ)

日豊本線再開に伴う運転計画について(11月18日閲覧、JR九州ホームページ)
www.jrkyushu.co.jp

警告音&アナウンスが流れない券売機

2017年10月13日(金)、スペースワールド駅で、券売機の設定によるものでしょうか、警告音とアナウンスが流れない状態になっている券売機がありました
高見沢製MCV券売機では警告音の音量が小さくされていたり、オフにされていたりする券売機はよく見かけますが、VTQでは初めて見ました。
f:id:JW37BWAN:20171105215113j:plain
右側の券売機、182号機で音声などが流れない状態になっていました。
現金チャージ、履歴印字(利用履歴&JRキューポ履歴)を動画で撮影し、YouTubeにアップしています。


懐かしの折尾駅・駅舎(2012年撮影)

f:id:JW37BWAN:20120808164540j:plain
2012年8月撮影の折尾駅東口の駅舎。
この駅舎は、折尾駅の高架化事業により現在はすでに解体されています。この駅舎の使用終了からもう5年がたつのですね…。
折尾駅は、訪問するたびに駅やその周辺が大きく変わっているような気がします。

バルーンさが駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2016年11月4日に訪問した、バルーンさが駅です。
バルーンさが駅は、佐賀県佐賀市にある駅です。
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ開催期間中に開設される臨時駅です。
(今年・2017年は11月1日(火)~11月5日(日)の5日間です)
f:id:JW37BWAN:20171028211634j:plain
駅舎はありません。方面別に案内がなされています。
列車到着時は、多くの人でにぎわいます。
f:id:JW37BWAN:20171028211916j:plain
きっぷうりば。窓口が営業しています。POS端末が設置されているようです。
f:id:JW37BWAN:20171028212059j:plain
改札口。SUGOCAなどのICカードは、エリア外のため利用できません。誤ってICカードで乗車してしまった場合は、出発駅からの運賃を現金で精算する必要があります。
f:id:JW37BWAN:20171028212317j:plain
佐賀・神埼・鳥栖方面。
ホームは単式2面2線です。多くの客でにぎわうため、列車到着時は、複数の係員が安全確認を行っていました。
バルーンフェスタ開催時の臨時列車や一部の特急列車も停車するため、ホームには8両編成までの列車が停車できるようになっています。
次回は、東水巻駅を紹介予定です。