ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、順次更新予定。

はてなブログ・HTTPS化に関するお知らせと当ブログの対応について(17年11月30日更新)



はてな様の開発ブログより、はてなブログのページにHTTPS接続(SSL)を導入するとの発表がありました。
当ブログでは、様子を見ながら順次開設しているページについて
HTTPSから始まるURLに変更(SSL化を実施)したいと考えています。
(最終更新:2017年11月30日)

雁ノ巣駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2017年6月16日に訪問した、雁ノ巣駅です。
雁ノ巣駅は、福岡県福岡市東区にある駅です。
無人駅となっています。
雁の巣球場などへの最寄り駅です。
f:id:JW37BWAN:20180113222158j:plain
香椎・長者原方面ホーム側の出入り口。こちら側には駅舎はありません。西戸崎方面へは、構内踏切を渡る必要があります。
f:id:JW37BWAN:20180113222419j:plain
構内踏切の手前に、ICカードの読み取り機が設置されていますが…。
f:id:JW37BWAN:20180113222915j:plain
出場側の改札機の色がすごいことになっています。この区間を通る、ディーゼル車の影響だと思われます…。ここまで変色したものは初めて見ました。
香椎・長者原方面ホームに行ってみます。
f:id:JW37BWAN:20180113223206j:plain
食券型の券売機が1台設置されています。緑色のボタンは筑肥線方面のきっぷです。
f:id:JW37BWAN:20180113223422j:plain
運賃表です。海ノ中道駅からの運賃は210円、香椎駅西戸崎駅からの運賃は230円、博多駅篠栗駅からの運賃は370円、宇美駅からの運賃は400円、赤間駅からの運賃は650円、鳥栖駅からの運賃は840円、折尾駅からの運賃は940円、久留米駅からの運賃は1110円です。
続いて、西戸崎方面ホームに向かいます。
f:id:JW37BWAN:20180113223817j:plain
無機質な駅舎、待合所のみで簡素です。
f:id:JW37BWAN:20180113224159j:plain
こちら側にもICカードの読み取り機が設置されています。カバーがかけられていますね。
f:id:JW37BWAN:20180113224316j:plain
出場側。
f:id:JW37BWAN:20180113224433j:plain
海ノ中道西戸崎方面。ホームは相対式2面2線。構内踏切やホームは、近隣住民の方が通り道として利用することもあるようです。
f:id:JW37BWAN:20180113224638j:plain
香椎・土井・長者原方面。この駅で、香椎方面から来た一部の列車が折り返します。
次回は、奈多駅を紹介予定です。

JR九州・ICカード専用改札機導入状況

JR九州の駅に設置されている、ICカード専用改札機について、改札機の機種ごとに設置駅をまとめました。

日本信号製GX-8(新型改札機)

f:id:JW37BWAN:20171212222758j:plain
2015年ごろから従来型のGX-7の置き換えで設置されている、新型の改札機です。
ICカード専用改札機はピンク色に塗られています。
2017年12月ごろから、マイナーチェンジしたGX-8が導入されています(当方画像未撮影、新タイプについては駅一覧に※で表示)。
[このタイプのICカード専用改札機設置駅]
門司、小倉、九州工大前、戸畑、枝光、八幡、黒崎、海老津、赤間、東郷、福間、古賀、九産大前、香椎、箱崎吉塚、博多、竹下、南福岡、大野城、※二日市、行橋

日本信号製GX-7(従来型改札機)

f:id:JW37BWAN:20171228210124j:plain
従来型の改札機です。
このタイプの設置駅では、以前はきっぷ・ICカードの両方に対応していましたが、導入に伴いきっぷ投入口がふさがれています。
GX-7のICカード専用機が導入された後に、GX-8に更新された駅もあります(博多、大野城など)。
[このタイプのICカード専用改札機設置駅]
遠賀川福工大前、千早、久留米、羽犬塚大牟田長者原、直方、若松(ム)、二島(ム)、本城(ム)、中間(ム)、和白(ム)、須恵中央(ム)、宇美(ム)、九大学研都市、長崎、熊本、大分、鹿児島中央

今後も確認次第、順次掲載する予定です。
【この記事のデータは、平成30年1月6日現在のものです。】

「或る列車」、長崎駅で車内見学会実施

JR九州が1月5日に発表したプレスリリースによりますと、
D&S列車の「JR KYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」の車内見学会を長崎駅で初めて実施することがわかりました。
通常「或る列車」には、10歳未満のこどもは乗車することができないのですが、この見学会に関しては、参加ができるということです。
実施日時は、1月13日(土)の12時20分ごろ~13時20分ごろ、場所は長崎駅1番のりばです。
多い場合は、お待ちいただく場合があったり、上記時間内であっても、受付人数に
よっては受付終了となったりする場合がありますのでご注意ください。
内容は、或る列車」の車内見学のほかに、「或る列車」ミニトレインの運行や、子供用制服での記念撮影など、お子様連れの方にも喜んでいただけるイベントが予定されているようです。
車内を一度見てみたいという方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。
詳しくは、JR九州のプレスリリースをご覧ください。
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/01/05/180105NewsRelease03.pdf

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
2018年も、本ブログをよろしくお願いします。