ドリドリっちの鉄道ブログ

7月5日からの九州の豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興をお祈りしております。

久大本線・日田彦山線の被害状況と運転計画(7月23日現在)

平成29年7月九州北部豪雨で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
この記事では、豪雨により線路災害が発生した久大本線日田彦山線の被災状況、
そして、7月23日現在での今後の運転計画について記載していきます。
ニュース等の報道において、ご存知の方も多いと思いますが、
九州北部豪雨では、福岡県、大分県の一部地域に大雨特別警報が発表され、
朝倉市東峰村添田町、日田市や中津市などで甚大な被害が発生しました。
久大本線では、光岡~日田間の、花月川(かげつがわ)に架かる花月川橋りょうが流され、この区間で不通、バス代行輸送が行われています(7月23日現在)。
JR九州復旧には3年ほどかかる見込みだとしています(NHKニュース)
ツイート




また、日田彦山線では、橋りょうの橋脚が傾く、流木による橋桁損傷、
トンネルや線路に多数の土砂が流入、盛土・軌道の流出などの、多数の線路災害が発生。
添田~夜明間が不通となっており(7月23日現在)復旧の見込みはたっていません
久大本線日田彦山線の被災状況をまとめたPDFが、JR九州より公表されています。
こちらのリンク先よりご覧ください。
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/07/11/170711higai.pdf
久大本線の運転計画》
久大本線は、前述の通り、光岡~日田間での線路災害のため、7月23日現在、光岡~日田間でバス代行輸送が行われています。
また、久大本線を走る特急「ゆふ」は全区間運休、特急「ゆふいんの森」については7月31日までの期間中は、小倉経由での運転となります。
7月23日までの運転計画はこちら
http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/emergency/__icsFiles/afieldfile/2017/07/20/untenkeikaku_to_170723.pdf
JR九州が7月20日に発表した情報によりますと、7月24日からは
現在運休となっている特急「ゆふ」が、日田~大分・別府間において運転再開される予定であることがわかりました
運転本数、時刻が一部変更になっていますので、ご注意ください。
7月24日からの運転計画はこちら
http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/emergency/__icsFiles/afieldfile/2017/07/20/untenkeikaku_170724_1.pdf
日田彦山線については、7月23日現在、運転見合わせ区間でのバス代行輸送は行われていません。
今後の運転計画についての情報は、随時更新していく予定です。

柚須駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2016年12月2日に訪問した、柚須駅です。
柚須駅は、福岡県糟屋郡粕屋町にある駅です。
2015年3月のダイヤ改正で、これまでの普通列車に加え、快速列車も停車するようになりました。
f:id:JW37BWAN:20170723205155j:plain
駅舎…といいたいところですが、手前にある駐輪場で、目立たない存在になってしまっています。駅への方向案内はあるのですが…。
f:id:JW37BWAN:20170723205700j:plain
少し奥のほうへ進むと、「粕屋町待合所」と書かれた待合室があります。
f:id:JW37BWAN:20170723210010j:plain
中はこぢんまりとしています。
f:id:JW37BWAN:20170723210155j:plain
券売機です。高見沢製のVTQが1台設置されています。
f:id:JW37BWAN:20170723210330j:plain
運賃表です。博多駅長者原駅からの運賃は210円、香椎駅篠栗駅からの運賃は230円、二日市駅からの運賃は370円、赤間駅鳥栖駅からの運賃は650円、久留米駅からの運賃は740円、小倉駅からの運賃は1290円です。
f:id:JW37BWAN:20170723210703j:plain
みどりの窓口が営業しています。かつてはPOS端末設置駅だったようです
f:id:JW37BWAN:20170723210908j:plain
改札口。改札機は2台。スペースの関係で、少しずらして設置してあります
f:id:JW37BWAN:20170723211049j:plain
吉塚・博多方面。ホームは単式2面2線。2016年10月15日より、新しい1番のりばが使用開始されました。以前は、島式1面2線でした
撮影当時、旧1番のりば側に柵を設置する工事が行われていました。
f:id:JW37BWAN:20170723211224j:plain
長者原篠栗・飯塚・直方方面。2番のりば側を通過線とする一線スルー式の構造となっていますが、通常は、1番のりば側を博多方面、2番のりば側を篠栗方面の列車が使用します。ホームの幅は狭く、島式1面2線で快速列車が通過していたころは、2番のりば側を通過列車がたびたび高速で通過していたため、恐怖を感じることもありました。
f:id:JW37BWAN:20170723211635j:plain
2番のりばへは構内踏切を渡ります。
次回は、ししぶ駅を紹介予定です。

久大本線・日田彦山線の被害状況と運転計画(7月14日現在)

7月23日現在の最新情報を掲載しました。
こちらよりご覧ください。


初めに、7月5日からの九州地方の豪雨において被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
この記事では、7月5日からの豪雨において線路災害が発生した久大本線日田彦山線の被災状況、
そして、7月14日現在での今後の運転計画について記載していきます。
ニュース等の報道において、ご存知の方も多いと思いますが、
このたびの豪雨では、福岡県、大分県の一部地域に大雨特別警報が発表され、
朝倉市東峰村添田町、日田市や中津市などで甚大な被害が発生しました。
久大本線では、光岡~日田間にある、花月川(かげつがわ)に
架かる花月川橋りょうが流されJR九州復旧には3年ほどかかる見込みだとしています(NHKの報道)
ツイート




また、日田彦山線では、橋りょうの橋脚が傾く、流木による橋桁損傷、
トンネルや線路に多数の土砂が流入、盛土・軌道の流出などの、多数の線路災害が発生。
添田~夜明間が運転見合わせとなっています(7月14日現在)。現時点で、復旧の見込みはたっていません
久大本線日田彦山線の被災状況をまとめたPDFが、JR九州より公表されています。
こちらのリンク先よりご覧ください。
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/07/11/170711higai.pdf
久大本線の運転計画
久大本線は、前述の通り、光岡~日田間での線路災害のためうきは~日田間で運転を見合わせており、7月10日より筑後吉井・うきは~日田間でバス代行輸送が行われています。
また、久大本線を走る特急「ゆふ」は全区間運休、特急「ゆふいんの森」については7月15日から31日までの間、小倉経由での運転となります。
7月10日~17日までの運転計画はこちら(筑後吉井・うきは~日田間バス代行輸送)
http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/emergency/__icsFiles/afieldfile/2017/07/14/untenkeikaku_170717_2.pdf
JR九州が7月14日に発表した情報によりますと、7月18日からは現在運転を見合わせている
うきは~光岡間が運転再開される予定であることがわかりました
なお、被害が大きい光岡~日田間は、引き続きバス代行輸送が行われる予定です。
7月18日からの運転計画はこちら(光岡~日田間バス代行輸送)
http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/emergency/__icsFiles/afieldfile/2017/07/14/untenkeikaku_170718.pdf
日田彦山線については、7月14日現在、運転見合わせ区間でのバス代行輸送は行われていません。
今後の運転計画についての情報は、随時更新していく予定です。

JRキューポ、サービス開始!&券売機ソフト改修

きょう7月7日より、JR九州の新しいポイントサービス、
「JRキューポ」がスタートしました。
これに合わせ、駅に設置されているICカード対応券売機でソフト改修が行われました
最寄り駅である、羽犬塚駅の券売機で確認しました。
f:id:JW37BWAN:20170707212225j:plain
羽犬塚駅には、券売機が2台設置されています。2台ともICカード対応です。
f:id:JW37BWAN:20170707212515j:plain
券売機の案内は、JRキューポ開始日のきょう7日もなぜかポイントチャージ・オートチャージ設定非対応のものになっていましたが、
きょう7日に確認したところ、これらの機能を利用することができるようになっていました。

SUGOCAをいつも通り投入し、ICカードメニューをタッチします。
f:id:JW37BWAN:20170707212956j:plain
JRキューポ開始直前の期間は、日本信号製の券売機では、一時的にポイントチャージ・オートチャージ設定を利用できなくなっていました(7月3日確認)。
さて、ポイントチャージのボタンをタッチします。
f:id:JW37BWAN:20170707213136j:plain
ポイントの項目名がJRキューポ(SUGOCA利用分)に変わりました。
また、項目の下の注意事項の記載が変更され、ポイントの失効日が付与月の2年後の月末に変わっています
なお、もう1枚、JQ CARDと紐付けたSUGOCAをおまとめ登録し、
この記名式SUGOCAをポイントの確認のため券売機に投入したところ、(SUGOCA利用分)の表記がなく
単に「JRキューポ」の表記になっていました。
また、これまでは、JQポイントのポイント履歴を券売機で確認・印字することができていましたが、
JRキューポ開始後は、おまとめ登録を行ったSUGOCAでは、券売機でJRキューポのポイント履歴を確認・印字することができなくなりました。
これは、JR九州のホームページでポイントの付与履歴を確認できるようになったためだと思われます

なお、おまとめ登録をしていない無記名式SUGOCAにおいては、これまで通りJRキューポのポイント履歴を確認・印字することができるようになっています。
ツイート









JR九州・JRキューポホームページ

JRキューポに関する情報は、随時更新していきます。
(最終更新 2017年7月14日 加筆・修正)

JRキューポ、あす7日からサービス開始!

このブログにて以前にもご紹介しました、7月7日(金)から開始されるJR九州の新しいポイントサービス、 「JRキューポ」についての情報です。
新しいポイントサービス、JRキューポは、
SUGOCAを利用することで貯まるSUGOCAポイント
JQ CARDでの支払いで貯まるJQポイント
ネット予約で貯まるeレールポイント
3つのポイントサービスを統合する形で開始するものです。
貯まったポイントは、SUGOCAにポイントチャージしたり、JQ CARDをお持ちの方は、ショッピングチケットに交換JR九州旅行券や
ホテルギフト券へ引き換えることも
できます。
さらに、PontaポイントGポイントTポイントへの交換も可能になります。
◎おまとめ登録
サービス開始の7月7日(金)より、JRキューポのホームページにて
「おまとめ登録」ができるようになります。
「おまとめ登録」の方法は
7月7日(金)以降に、JRキューポのホームページにアクセスし、
JR九州Web会員のIDでログイン
JQ CARDSUGOCA(※記名式に限る)のカード番号を登録すると完了します。
◎JRキューポ・ポイントアップキャンペーン
8月にかけて、JQ CARDやSUGOCAでの支払いでJRキューポの付与ポイント数増加や
通常はポイントが付与されない加盟店(ファミリーマートなど)でのポイント付与が行われます。

ぜひJQ CARDやSUGOCAを利用してJRキューポをたくさん貯めてみてください。
詳しくはこちらをチェック!(PDFファイルです)
http://www.jrkyushu.co.jp/sugoca/pressrelease/__icsFiles/afieldfile/2017/06/28/170627JRQpo0707.pdf
JR九州・JRキューポホームページ

JRキューポに関する情報は、随時更新していきます。