読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリドリっちの鉄道ブログ

4月3日(月)、デスクトップ版サイトをリニューアル!

荒尾駅(鹿児島本線)に訪問

駅訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2016年9月11日に訪問した、荒尾駅です。
荒尾駅は、熊本県荒尾市にある駅です。
博多方面からの列車の多くが、この駅で折り返します
ちなみに、岐阜県大垣市東海道本線美濃赤坂支線の荒尾駅と区別するため、きっぷの駅名印字(入場券も含む)は、「(鹿)荒尾」となります。なお、ICカードの履歴印字は「荒尾」となっています。(SUGOCAエリア・はやかけんエリアでの印字の場合)
f:id:JW37BWAN:20170423205654j:plain
駅舎です。
f:id:JW37BWAN:20170423205852j:plain
駅前はきれいに整備されています。大牟田方面や、荒尾市内各所へ向かうバスが発着します
f:id:JW37BWAN:20170423210147j:plain
券売機です。券売機は高見沢製のMCVが1台。ICカードのチャージなどにも対応しています
f:id:JW37BWAN:20170423210342j:plain
運賃表です。大牟田駅からの運賃は210円、久留米駅からの運賃は740円、鳥栖駅久留米駅からの運賃は840円、佐賀駅からの運賃は1290円、博多駅からの運賃は1470円です。
f:id:JW37BWAN:20170423210945j:plain
みどりの窓口が営業しています。早朝・夜間は営業していません
f:id:JW37BWAN:20170423211141j:plain
改札口。改札機は2台設置されています。SUGOCA導入直前の2009年に導入されました
f:id:JW37BWAN:20170423211252j:plain
大牟田・久留米・博多方面。ホームは2面4線。駅舎とホームは跨線橋で連絡しています。
2番のりばには、博多方面からの折り返し列車が停車していました
f:id:JW37BWAN:20170423211425j:plain
長洲・玉名・熊本方面。こちらは3・4番のりばから発車します。
f:id:JW37BWAN:20170423211637j:plain
実は、荒尾駅跨線橋には名前がついています。「ロング・ロング・ブリッジ」とのことですが…。
f:id:JW37BWAN:20170423211547j:plain
名前通り、確かに長い…!しかも、堂々としています。
次回は、大野城駅を紹介予定です。

福岡市地下鉄に新型券売機導入&ソフト改修!

券売機調査

2017年3月、私のTwitterのフォロワーさんが、福岡市地下鉄博多駅の券売機が
一部更新されている
、という画像付きのツイートを投稿されていました。
そこで、私は、3月28日(火)、地下鉄博多駅に設置されている券売機を確認しに向かいました。
f:id:JW37BWAN:20170418214113j:plain
これが、福岡市地下鉄に導入された新型券売機、日本信号製MX-8です。
旧型のMX-7よりもタッチパネルの感度が良くなり、ディスプレイも明るくなっています。
地下鉄博多駅では、MX-7のカード・高額紙幣非対応型が、すべてMX-8に置き換えていましたMX-8券売機導入に合わせてか、券売機のソフト更新が旧型のMX-7でも行われており、ソフト更新前はICカード関連(新規購入、チャージ)のみ領収書が発行できましたが、きっぷ購入時においても発行できるようになりました。さらに、現金チャージ時の領収書発行選択は、ソフト更新前は領収書の有無を選択しないと、カードが返却されませんでしたが、ソフト更新後はチャージ処理後にすぐカードを返却し、領収書ボタンで領収書を発行できるよう変更されました。また、一部のボタンの色が変更され、現金チャージがトップ画面に配置されるなど、利便性が増しています。券売機のアナウンスもソフト更新で録り直されているようです。案内チャイムはソフト更新前と同じく、改札機のエラー音になっています。
福岡市交通局・MX-8券売機動画(地下鉄博多駅にて撮影)
きっぷ購入

現金チャージ

履歴印字

福岡市交通局・MX-7券売機動画(ソフト更新後、地下鉄博多駅にて撮影)
きっぷ購入

現金チャージ

履歴印字

関連ツイート(きっぷ、領収書、履歴印字の画像、ソフト更新前の動画へのリンクも掲載しています)






















博多駅以外の券売機の設置状況は、確認次第Twitterやブログに掲載する予定です。

(最終更新 2017年4月23日 一部修正)

「ぶらりスタンプラリー」開催中

ちょっとした記事

xyhigashi.hatenablog.jp

以前、佐賀・唐津・久留米・筑豊エリアの車窓や沿線の魅力いっぱいのローカル線を
普通列車で巡る「ぶらりスタンプラリー」の旅に
便利なきっぷが、8月31日(木)まで発売されることを投稿
しましたが、
今回は、「ぶらりスタンプラリー」の概要をJR九州ニュースリリースよりご紹介します
JR九州は、会社発足30周年を記念し、日ごろの感謝の気持ちを込めて4月10日(月)~8月31日(木)まで、
佐賀・唐津・久留米・筑豊エリアの車窓や、沿線の魅力いっぱいのローカル線を
普通列車で巡る「ぶらりスタンプラリー」を開催することを3月27日のニュースリリースにて発表
「ぶらりスタンプラリー」とは、4エリア(佐賀・唐津・久留米・筑豊)のうち1エリア3駅のスタンプを獲得すると、エリア制覇となり、景品交換駅でオリジナル缶バッジをもらうことができます。
また、エリア制覇の場合は、期間中30周年に因んで、各月30日にオリジナル缶バッジとともに先着30名様にチロルチョコがもらえます
さらに、ダブルチャンスとして、全エリアの12駅を制覇した方に、抽選で豪華賞品をプレゼントするといった企画です。
◎エリアとスタンプ設置駅

佐賀エリア 唐津エリア 久留米エリア 筑豊エリア
エリア 新鳥栖肥前山口 姪浜唐津、山本~伊万里、佐賀~西唐津 久留米~大牟田、久留米~日田 城野~夜明、若松~原田、吉塚桂川新飯塚田川後藤寺
スタンプ設置駅 佐賀、新鳥栖肥前山口 唐津筑前前原、佐賀 久留米、筑後船小屋大牟田、日田 田川後藤寺新飯塚長者原
景品交換駅 佐賀 唐津 久留米 新飯塚

※注意
佐賀駅は、佐賀エリアと唐津エリア2エリア重複となります。佐賀駅では唐津エリアの景品引き換えは不可。
久留米駅は、スタンプ設置駅4駅のうち3駅のスタンプを獲得するとエリア制覇となります。なお、全エリア制覇には久留米エリア4駅のスタンプが必要となります。
スタンプは各駅のみどりの窓口に設置されています。みどりの窓口の営業時間にご注意ください。

4月3日、ブログをリニューアルしました

お知らせ

4月3日(月)、デスクトップ版サイトをリニューアルしました!
また、スマートフォン版サイトについては、カラーリングを変更しています。
※パソコンやスマートフォンなどの機種によっては、記事が正しく表示されない場合があります。
その際は、コメントにてお知らせください。 

銀水駅に訪問

駅訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2016年9月11日に訪問した、銀水駅です。
銀水駅は、福岡県大牟田市にある駅です。
駅の近隣には学校があり、通学時間帯には学生の利用も多い駅です
ちなみに、西鉄銀水駅は、ここから南西に400mの位置にあります。
f:id:JW37BWAN:20170403210325j:plain
駅舎です。1926年の開業当時から現存する木造駅舎です。
f:id:JW37BWAN:20170403210600j:plain
券売機です。高見沢製のULCVが1台設置されています。
紙幣は1000円札のみ利用可能です
f:id:JW37BWAN:20170403210756j:plain
運賃表です。博多駅佐賀駅からの運賃は1290円、熊本駅からの運賃は1110円、久留米駅からの運賃は650円、大牟田駅からの運賃は210円です。
f:id:JW37BWAN:20170403210956j:plain
券売機の横には、チャージ機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20170403211211j:plain
駅舎内には公衆電話が設置されていますが、なんとテレホンカード専用でした。いまどき珍しいような…。
f:id:JW37BWAN:20170403211036j:plain
窓口と改札口。改札口には、ICカードの読み取り機が1台設置されています。
窓口業務は、大牟田観光協会に委託されています。
f:id:JW37BWAN:20170403211321j:plain
出場側。きっぷ回収箱が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20170403211448j:plain
大牟田・玉名・熊本方面。ホームは2面3線。2番のりばは熊本方面からの折り返し列車が使用します
f:id:JW37BWAN:20170403211557j:plain
久留米・鳥栖・博多方面。ホームは跨線橋で連絡しています。
次回は、荒尾駅を紹介予定です。