ドリドリっちの鉄道ブログ

当面の間、近距離エリアでの活動を継続予定。

JR九州・笹原、春日、水城の3駅にアシストマルス「ど~ぞ」設置

2月13日、Twitter上のハッシュタグ、「#JR九州券売機調査」にこのような投稿が。


ツイート提供:@nandemomuramura様
私のフォロワーさんの投稿によると、鹿児島本線の水城駅に見慣れない券売機が設置されたとのこと。
気になったので、2月28日に投稿があった水城駅とTwitter上に設置情報があった春日駅の2駅に確認しに行きました。
まずは春日駅から。
f:id:JW37BWAN:20200228092851j:plain
既存の券売機コーナーに設置されていた近距離券売機を2台とも撤去し、新たに設置されたのは、
「アシストマルス」と呼ばれる対話型の指定席券売機
ほかのJR各社でも導入が進んでいるタイプの券売機のようで、JR九州の駅でも設置が始まっていました。
愛称は「ど~ぞ」になるようです。「話せる券売機」になるのかなと思っていましたが、なんだか意外なネーミングですね。
f:id:JW37BWAN:20200228100913j:plain
近づいてみました。券売機の右側には券面確認台が新たに設置されています。
かつては2台ここに券売機が設置されていましたが、「ど~ぞ」だけで結構なスペースを使っているため、これ以上の券売機増設は困難です。
f:id:JW37BWAN:20200228100859j:plain
「ど~ぞ」でできることが近くに貼ってありました。割引証や証明書の確認が必要な場合や、きっぷの変更、払い戻しについてはオペレーター対応となるようです。
なお、この券売機で近距離きっぷも購入でき、近距離券売機と同じエドモンソン券サイズでの発券となるようです(Twitter上で確認)。
余談ですが、2月28日訪問時点ではこの券売機の向かい側に近距離券売機(高見沢製ULCV、ICカード非対応)が設置されていました。この券売機は仮設置で、のちに撤去されるのか、あるいは今後もここに設置され続けるのかは不明です。
f:id:JW37BWAN:20200228092927j:plain
続いて水城駅です。
f:id:JW37BWAN:20200228104525j:plain
こちらは既設の近距離券売機(高見沢製VTQ)の左に「ど~ぞ」が設置されていました。
f:id:JW37BWAN:20200228104546j:plain
近づいてみました。かつて券売機が設置されていたスペースに設置されたのでしょうか。
f:id:JW37BWAN:20200228104148j:plain
f:id:JW37BWAN:20200228104107j:plain
足元を見ると、点字ブロックが「ど~ぞ」側にも設置されていました。近距離券売機側の点字ブロックはのちに撤去されるのでしょうか、気になります。

今回訪問した2駅ですが、春日駅は3月1日に、水城駅は3月7日までにそれぞれ「ど~ぞ」の稼働を開始したようです。
また、当方未訪問の笹原駅も同様に3月7日までに「ど~ぞ」が稼働開始しているとの情報もあります。
なお、オペレーター機能については現時点では非対応で、4月以降のサービス開始を予定しているようです(日本経済新聞記事より)。
笹原駅は3月中旬以降の訪問を予定しています。また、2駅についても再訪問を検討します。
今後も動きがあり次第、更新していく予定です。
この記事を作成するにあたり、Twitterのフォロワーさんから当記事へのツイートの掲載許可をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
アシストマルス「ど~ぞ」についてはTwitterのモーメントにもまとめていますので、気になる方はご覧ください。

アシストマルスについて詳しく知りたい方はこちら(JRシステムのホームページ)

JR九州券売機調査・券売機駅別まとめはこちら

【この記事のデータは、令和2年3月8日現在のものです。】