ドリドリっちの鉄道ブログ

10月以降、無理のない範囲で徐々に活動範囲を拡大予定。

JR九州が9月~11月運転予定の臨時列車を一部運休

JR九州は8月17日と25日に、9月から11月にかけて運転を予定していた臨時列車について、一部の列車を運休すると発表しました。
これは新型コロナウイルスの感染拡大による鉄道利用の状況を鑑みての発表です。
9月分の運休列車には、九州新幹線ではさくら号の一部が、在来線では特急かもめ、ハウステンボス、あそ、はやとの風の一部列車が運休、特急きらめきの一部列車が運行区間を短縮しての運転に変更されています。
詳細は、下記プレスリリースをご確認ください。JR九州 夏の臨時列車運転計画(9月分)の見直しについて
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/08/17/200817-untenkeikaku.September.pdf

また、10月、11月運転分では、在来線特急のかもめ、ハウステンボス、あそ、にちりんの一部列車が運休、特急きらめきの一部列車が運行区間を短縮しての運転に変更されます。
運休列車の詳細は、下記プレスリリースよりご覧ください。 JR九州 臨時列車運休のお知らせ
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/08/24/200825_akirin_minaoshi.pdf

また、9月19日にハウステンボスで開催が予定されていた「九州一花火大会」が中止となったため、関連する大村線などの臨時列車も運休となっています。
詳細は、下記プレスリリースよりご覧ください。 JR九州 イベント中止に伴う臨時列車運休のお知らせ
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/08/24/200825_hanabirin.pdf

※今後も臨時列車等の運休が発生する場合があります。利用される際は必ずHPなどで最新の運転計画をご確認ください。