ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、順次更新予定。

指宿枕崎線の一部駅がスマートサポートステーションに

JR九州が9月30日に発表したプレースリリースによりますと、2020年春より鹿児島県にある指宿枕崎線の一部駅に遠隔監視システム「スマートサポートステーション」が導入され、無人駅となることがわかりました。
プレスリリースによると、2020年2月に、まず指宿枕崎線谷山駅慈眼寺駅にスマートサポートステーションを試験導入、その後、5月には同線の郡元駅、南鹿児島駅宇宿駅谷山駅慈眼寺駅坂之上駅五位野駅平川駅瀬々串駅、中名駅喜入駅にも導入する予定となっています。
スマートサポートステーションが導入される駅には、監視カメラ、インターホン、自動券売機、ICカード用改札機、係員対応精算機、列車接近放送装置が設置される予定です。
鹿児島地区でのスマートサポートステーション導入は、若松線香椎線、大分地区に続いて4例目となります。
詳細はJR九州のホームページをご覧ください。
JR九州 プレスリリース(リンク先PDFファイル)
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2019/09/30/20190930kagoshimasss.pdf