ドリドリっちの鉄道ブログ

北九州方面への駅訪問は12月以降になりそうです。

肥後伊倉駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は2018年4月22日に訪問した、肥後伊倉駅です。
肥後伊倉駅は、熊本県玉名市にある駅です。
周囲はのどかな風景が広がっています。
f:id:JW37BWAN:20180830215217j:plain
2012年より供用されている2代目の駅舎。駅舎前には木製の長椅子が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180830215539j:plain
券売機です。シンフォニアテクノロジー製の食券型券売機が1台設置されています。券売機で入場券は発売していませんでした。
f:id:JW37BWAN:20180830215857j:plain
運賃表です。玉名駅木葉駅からの運賃は210円、長洲駅、植木駅からの運賃は280円、荒尾駅熊本駅からの運賃は460円、大牟田駅新水前寺駅からの運賃は560円、羽犬塚駅肥後大津駅からの運賃は940円、久留米駅八代駅からの運賃は1110円、鳥栖駅三角駅からの運賃は1290円、博多駅佐賀駅からの運賃は1820円です。
f:id:JW37BWAN:20180830220216j:plain
この駅は簡易委託駅のようですが、窓口は日曜日だったため営業していませんでした。
f:id:JW37BWAN:20180830220433j:plain
さまざまなジャンルの本が並ぶ本棚がありました。
f:id:JW37BWAN:20180830220625j:plain
木製の長椅子が設置された待合所。クッションやぬいぐるみがあり、ほのぼのとした雰囲気が漂います。その上に、何やら興味深い内容が書かれた掲示板が…。
f:id:JW37BWAN:20180830220857j:plain
画像に写っている初代の木造駅舎は1942年から2012年まで供用されていました。
f:id:JW37BWAN:20180830221039j:plain
改札口、ICカードの読み取り機が設置されています。2012年建設の駅舎のため、改札機関連の配線はなくすっきりとしています。
f:id:JW37BWAN:20180830221248j:plain
玉名・大牟田鳥栖方面。ホームは相対式2面2線です。駅周辺で鳥の鳴き声がよく聞こえる静かな駅でした。
f:id:JW37BWAN:20180830221424j:plain
植木・熊本・松橋方面。反対側のホームへは跨線橋で結ばれています。
次回は、弥生が丘駅を紹介予定です。