ドリドリっちの鉄道ブログ

北九州方面への駅訪問は来年になりそうです。

若松駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2017年5月4日に訪問した、若松駅です。
若松駅は、福岡県北九州市若松区にある駅です。
筑豊本線の起点駅です。
駅舎内には、立ち食いそば・弁当屋の「東筑軒」が営業しています。
2017年3月4日よりスマートサポートステーションが導入され、窓口の営業時間が短縮されています(後述)。
f:id:JW37BWAN:20171231162307j:plain
駅舎です。始発駅らしく、堂々としています。無人化に合わせ、駅舎のリニューアルが行われ、外観はシックな雰囲気に変わっていました。
f:id:JW37BWAN:20171231163010j:plain
若松駅の歴史です。かつては石炭輸送でにぎわい、一時は日本で一番貨物取り扱いが多い駅となっていたそうです。
f:id:JW37BWAN:20171231163353j:plain
券売機。高見沢製のMCVが1台です。異常時に備えて、インターホンが横に設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171231163505j:plain
運賃表です。折尾駅からの運賃は280円、赤間駅直方駅からの運賃は560円、小倉駅からの運賃は650円、博多駅香椎駅長者原駅、行橋駅からの運賃は1110円、中津駅鳥栖駅からの運賃は1650円です。
f:id:JW37BWAN:20171231164059j:plain
列車位置案内「どれどれ」や運行情報が表示されるモニターが設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171231164225j:plain
窓口が営業していますが、2017年3月のスマートサポートステーション導入以降、営業時間が6時30分~8時30分と大幅に短縮されました。
f:id:JW37BWAN:20171231164440j:plain
改札口。改札機は2台。磁気券投入口はふさがれて、ICカード専用となっています。
液晶タイプの発車案内が設置されています。1画面のものはめったに見ません。
f:id:JW37BWAN:20171231164753j:plain
改札内には、係員対応精算機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171231164903j:plain
乗降場工事が行われるようです。(2017年5月4日訪問、現在は終了)
f:id:JW37BWAN:20171231165033j:plain
折尾方面。ホームは頭端駅1面2線。始発駅らしく、上屋は堂々としています。蓄電池電車BEC819系が停車中でした。
f:id:JW37BWAN:20171231165245j:plain
路線始端方面。車止めが設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171231165405j:plain
まっすぐ伸びる改札口までの通路。
次回は、雁ノ巣駅を紹介予定です。
2017年は、この記事が最後の投稿となります。皆様、よいお年を!