ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、順次更新予定。

二島駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は2017年5月4日に訪問した、二島駅です。
二島駅は、福岡県北九州市若松区にある駅です。
2017年3月4日より、スマートサポートステーションが導入され、無人駅となっています。
f:id:JW37BWAN:20171230221955j:plain
平屋建ての大きなコンクリート駅舎です。
f:id:JW37BWAN:20171230222207j:plain
駐輪場の自転車は倒れてしまっていました…。
f:id:JW37BWAN:20171230222441j:plain
券売機。高見沢製のMCVが1台。異常時に備えて、インターホンが横に設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171230222736j:plain
運賃表です。折尾駅からの運賃は210円、直方駅からの運賃は400円、小倉駅赤間駅からの運賃は460円、下関駅からの運賃は740円、博多駅長者原駅からの運賃は1110円、中津駅鳥栖駅からの運賃は1470円です。
f:id:JW37BWAN:20171230223010j:plain
窓口は閉鎖され、運行情報を表示するモニターが設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171230223134j:plain
改札口。改札機は2台です。磁気券投入口はふさがれ、ICカード専用となっていました。
f:id:JW37BWAN:20171230223305j:plain
改札内には、係員対応精算機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171230223446j:plain
奥洞海・若松方面。ホームは相対式2面2線です。向かい側のホームへは、屋根なしの跨線橋を渡ります。
f:id:JW37BWAN:20171230223603j:plain
折尾・直方方面。非電化区間ですが、やってくるのはBEC819系蓄電池電車。若松線内はパンタグラフを下ろして走ります。
f:id:JW37BWAN:20171230223814j:plain
跨線橋より、折尾方面を望む。
次回は、若松駅を紹介予定です。