ドリドリっちの鉄道ブログ

近畿地方の地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

和白駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は、2017年2月17日に訪問した、和白駅です。
和白駅は、福岡県福岡市東区にある駅です。
今回は、JR和白駅を中心にご紹介します。
f:id:JW37BWAN:20171020195926j:plain
駅舎です。最近設置されたのでしょうか、構内案内図が駅入口に立っています。
f:id:JW37BWAN:20171020200324j:plain
券売機です。高見沢製のMCVが1台設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171020200418j:plain
運賃表です。香椎駅からの運賃は210円、長者原駅、西戸崎駅からの運賃は250円、博多駅からの運賃は280円、宇美駅、篠栗駅からの運賃は370円、鳥栖駅折尾駅からの運賃は840円、久留米駅黒崎駅からの運賃は940円、小倉駅佐賀駅からの運賃は1290円、行橋駅大牟田駅からの運賃は1650円です。
f:id:JW37BWAN:20171020200904j:plain
2015年にスマートサポートステーションが導入され、窓口は閉鎖、無人化されています。
f:id:JW37BWAN:20171020201017j:plain
改札口。改札機は2台。フルスペックのGX-7が設置されていますが、きっぷ投入口は
ふさがれており、実質ICカード専用になっています。

f:id:JW37BWAN:20171020201513j:plain
出場側。窓口側が幅広になっています。
f:id:JW37BWAN:20171020203159j:plain
出場側には、係員対応精算機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171020202214j:plain
JR和白駅から、西鉄和白駅方面へ向かうには、JR駅舎の近くにある構内踏切を渡る必要があります。
f:id:JW37BWAN:20171020202718j:plain
西鉄和白駅。訪問当時、駅舎の工事中でした。
f:id:JW37BWAN:20171020202423j:plain
撮影した場所は、JR側から構内踏切を渡ってすぐの場所ですが、
JR和白駅へ向かうスロープが整備されています。

自転車がびっしり停まっていますね。
f:id:JW37BWAN:20171020202938j:plain
スロープを上ったところに、ICカードの読み取り機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20171020203258j:plain
出場側。時刻表が貼ってあります。
f:id:JW37BWAN:20171020203403j:plain
階段のほうがJRから西鉄へは短時間で乗り換えられそうです。その逆も同じでしょう。
f:id:JW37BWAN:20171020203636j:plain
海ノ中道方面。ホームは相対式2面2線です。列車交換がよく行われます。
f:id:JW37BWAN:20171020203931j:plain
香椎・長者原・須恵方面。反対側のホームへは、屋根なしの跨線橋で結ばれています。
f:id:JW37BWAN:20171020204124j:plain
和白駅駅名標JR九州発足当時のキャッチコピー「くらしの窓 ふれあいの道」が書かれています。
今は、このキャッチフレーズをあまり見なくなりました…。
次回は、バルーンさが駅を紹介予定です。