ドリドリっちの鉄道ブログ

ご覧いただきありがとうございます。おもに駅訪問、券売機・改札機、ICカード関連の記事を掲載します。

JR九州アプリで列車位置情報「どれどれ」提供開始

(2018.5.26 2018年春ダイヤ対応版に更新)
JR九州アプリが、列車位置情報を表示することができる「どれどれ」に対応しています。(iOS版はバージョン1.2.0以降対応)
f:id:JW37BWAN:20161226234018p:plain
JR九州アプリを開いたら、運行情報、「列車位置を調べる『どれどれ』」の順にタップします。
その後表示される画面にて、路線と駅名を選択してください。
(このとき、選択できない駅がありますが、これは閉そく区間内にある駅・・・場内信号機や出発信号機がない駅、いわゆる停留所であるためです。この場合、前後の駅を選択してください。例:九産大前駅は選択できないので、前後の駅である福工大前駅香椎駅のどちらかの駅を選択すると表示される)
f:id:JW37BWAN:20161227000036p:plain
路線、駅を選択すると、列車の位置情報が表示されている画面に切り替わります。
枠の色について、赤色は特急列車青色は快速列車・区間快速列車金色は普通列車灰色は貨物列車や回送列車など、乗車することができない列車を表しています
なお、区間快速列車については、各駅停車区間でも青色の枠で表示されるので注意が必要です
(例:福間まで快速の区間快速小倉行きは、普通列車となる福間~小倉間でも青色の枠で表示される)
画面には、行先と運行状況、特急列車の場合は列車名が表示されます。
運行状況は、定刻どおり運行されている場合は「定刻」と、遅れている場合は「○○分遅れ」と表示されます1時間以上遅れている場合でも、駅の発車案内や放送と異なり分単位での表示となります(70分遅れなど)。また、駅での案内と異なる場合がありますので、最新情報は駅の案内等をご確認ください。
※画像は2016年12月22日21時19分現在のものです。現在の運行状況とは異なります。
ツイート


※メンテナンス等により利用できないことがあります。
(2016年12月26日記事作成、最終更新日2018年5月26日)