ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、順次更新予定!

肥前竜王駅で列車が誤進入

22日午後0時20分ごろ、佐賀・白石町のJR長崎本線肥前竜王駅で、上りの特急かもめ・20号博多行きが止まっている線路に下りの特急かもめ19号・長崎行きが進入し、気付いた下り特急の運転士が緊急停止させた。双方は、距離は93mまで接近したが、乗客・乗員235人にけがはなかった。
この影響で、JR長崎本線は32本が運休。約6000人に影響が出た。
国土交通省運輸安全委員会は事故につながりかねない「重大インシデント」と認定し、23日午前、鉄道事故調査官2人がJR九州本社に入り、関係者から事情を聞いている。調査官は23日午後、白石町の現地でも調査を行う予定。
JR九州は、「深くおわび申し上げます。申し訳ございませんでした」と謝罪した。
JR九州によると、かもめ19号が直前に異音を確認して一時停止したが、運行を管理する博多総合指令と運転士の認識の食い違いから、赤信号を無視する形で運転を再開したという。
Twitterのツイートでもご紹介します。