ドリドリっちの鉄道ブログ

駅訪問記事、順次更新予定。

高見沢製券売機MCVについて説明!

JR九州に導入されている券売機、高見沢製のMCVシリーズについて説明します。
※以下、MCVと表記します。
f:id:JW37BWAN:20150522221038j:plain
f:id:JW37BWAN:20140704224331j:plain
f:id:JW37BWAN:20140704222432j:plain
画像の券売機が、高見沢製の券売機「MCV」です。撮影した駅は上から順に、九産大前和白天拝山です。設置駅は、券売機調査の記事をご覧ください。
2009年ごろから導入され始め、IC非対応タイプのほかに、2012年にはICカード対応のピンク色が熊本、大分、長崎、鹿児島に登場しその後福岡地区にも順次導入、さらに、2013年には現金チャージのみ対応の白いタイプも登場しています。
福岡地区には、2009年のSUGOCA導入時に、日本信号製のMX-7が導入されましたが、MCVに置き換えられた駅も多数あります
なお、2015年に入って、新型の高見沢製VTQに置き換えられる駅が出ています。飯塚、直方がMCVからVTQに更新されました。