ドリドリっちの鉄道ブログ

北九州方面への駅訪問は12月以降になりそうです。

久留米大学前駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は2018年5月11日に訪問した、久留米大学前駅です。
久留米大学前駅は、福岡県久留米市にある駅です。
JR化後の2000年に開業した駅で、久留米市久留米大学の両者が駅建設費を負担して完成した駅となっています。
駅名のとおり久留米大学の最寄りの駅となっており、通学時間帯は多くの学生でにぎわいます。
特急「ゆふ」の一部が当駅に停車します(2018年7月14日現在)。
f:id:JW37BWAN:20180923213523j:plain
駅舎。三角屋根が特徴です。駅前の送迎スペースは広々と整備されています。
f:id:JW37BWAN:20180923213740j:plain
駅前には西鉄バスの「久留米大学前」バス停があります。写真は信愛学院方面です。
f:id:JW37BWAN:20180923213943j:plain
券売機です。高見沢製のULCVが1台設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180923214211j:plain
運賃表です。南久留米駅御井駅からの運賃は160円、久留米駅善導寺駅からの運賃は230円、鳥栖駅荒木駅からの運賃は280円、田主丸駅からの運賃は290円、瀬高駅二日市駅うきは駅からの運賃は560円、博多駅大牟田駅日田駅からの運賃は840円、玉名駅福間駅からの運賃は1290円、赤間駅新飯塚駅植木駅からの運賃は1470円です。
f:id:JW37BWAN:20180923214634j:plain
業務委託の窓口が営業しています。POS端末設置駅のようです。
f:id:JW37BWAN:20180923214822j:plain
改札口。ICカードの読み取り機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180923215025j:plain
出場側。出場用の読み取り機は壁際に設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180923215228j:plain
改札内にはチャージ機が1台設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180923215452j:plain
善道寺・田主丸・日田方面。ホームは単式1面1線です。
学生が多く利用する時間帯に備えて、ホーム幅は広めにとられています。
f:id:JW37BWAN:20180923220250j:plain
久留米方面。ここから久留米駅まで約7キロです。
次回は、宇島駅を紹介予定です。

セブン銀行ATMで交通系電子マネーおよび楽天Edyのチャージが可能に

セブン銀行等は9月13日、全国に2万4000台以上設置しているセブン銀行のATMにおいて、10月15日より交通系電子マネー及び楽天Edyのチャージ及び残高確認に対応すると発表しました。
これまで、セブン銀行のATMでは「nanaco」のチャージにのみ対応していましたが、10月15日からはこれらのカードへのチャージも可能となります。
新たに対応する電子マネー交通系ICカードであるKitacaSuicaPASMOTOICAmanacaICOCAはやかけんnimocaSUGOCAの9種類と、楽天Edyです。サービスは終日利用可能で、利用にかかる手数料は無料です。1000円単位でのチャージができますが、交通系ICカードは2万円以上、楽天Edyは5万円以上の残高上限額以上のチャージはできません。
また、すでに対応しているnanacoを含め、おつりに対応した金額指定のチャージにも対応するということです。
これまで、セブンイレブンではレジに行かないと電子マネーへのチャージができませんでしたが、ATMでもチャージが可能になるということで大きく利便性が向上しそうです。
また、ほかのコンビニチェーン等も追従するのかも注目ですね。
詳しくは、リンク先のプレスリリースをご覧ください(JR九州ホームページ)。
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/09/13/180913Newsreleasesevenbanksugoca.pdf

北海道で震度7の地震

6日3時08分ごろ、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7、最大震度7地震(平成30年北海道胆振東部地震)が発生しました。
現在も地震が頻繁に発生しており、さらに北海道の広範囲で停電が発生しているため不安な時間を過ごされているかと思います。
地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

記名式SUGOCAを登録してJRキューポゲットのチャンス!(9/10~)

JR九州が9月5日に発表したプレスリリースによりますと、記名式SUGOCAJR九州Web会員に登録すると、抽選で1000人にJRキューポ500ポイント分がプレゼントされるキャンペーンが実施されることがわかりました。
キャンペーンは9月10日(月)から10月25日(木)まで行われ、期間中にキャンペーンにエントリーし、SUGOCAJR九州Web会員に登録した方がポイント抽選の対象となります。
また、SUGOCA定期券を登録した場合は、当選確率が2倍に広がります。
当選者へのポイント付与は12月上旬とのことで、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。
詳しくは、JR九州のホームページをご覧ください。(リンク先:PDFファイル)
http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2018/09/05/180905Newsreleasesugocaweb.pdf

弥生が丘駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は2018年3月2日に訪問した、弥生が丘駅です。
弥生が丘駅は、佐賀県鳥栖市にある駅です。
2001年に開業した駅で、駅開業以降、周辺では住宅の建設が進んでいます。また、交通の利便性が良いためか、物流施設も多数所在しているようです。
f:id:JW37BWAN:20180830234009j:plain
線路向かって西側にある駅舎です。前面がアーチ型になっています。
f:id:JW37BWAN:20180830234228j:plain
駅前はきれいに整備されており、送迎スペースも十分にあります。写真の木はクスノキのようです(近くに設置されていた案内板より)。
f:id:JW37BWAN:20180830234454j:plain
券売機です。高見沢製のMCVが1台。ICカードには非対応です。
f:id:JW37BWAN:20180830234616j:plain
運賃表です。鳥栖駅原田駅からの運賃は210円、久留米駅二日市駅からの運賃は280円、博多駅佐賀駅からの運賃は560円、大牟田駅肥前山口駅うきは駅からの運賃は840円、赤間駅直方駅肥前鹿島駅からの運賃は1110円、折尾駅玉名駅からの運賃は1290円、小倉駅早岐駅からの運賃は1650円です。
f:id:JW37BWAN:20180830235016j:plain
駅入口付近にチャージ機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180830235104j:plain
券売機コーナー奥には小さな待合室が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180830235234j:plain
業務委託の窓口が営業しています。POS端末設置駅のようです。
f:id:JW37BWAN:20180830235337j:plain
改札口。ICカードの読み取り機が1台設置されています。磁気券専用の簡易改札機は1月に撤去されました。
f:id:JW37BWAN:20180830235539j:plain
改札機撤去のお知らせ。
f:id:JW37BWAN:20180830235613j:plain
出場側。ICカードの読み取り機は今後移設されるのでしょうか?
f:id:JW37BWAN:20180830235715j:plain
二日市・博多・香椎方面。ホームは2面4線です。一部の列車で通過列車の待避が行われます。
f:id:JW37BWAN:20180830235905j:plain
鳥栖・久留米・大牟田方面。各ホームは跨線橋で結ばれています。
次回は、久留米大学前駅を紹介予定です。

肥後伊倉駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は2018年4月22日に訪問した、肥後伊倉駅です。
肥後伊倉駅は、熊本県玉名市にある駅です。
周囲はのどかな風景が広がっています。
f:id:JW37BWAN:20180830215217j:plain
2012年より供用されている2代目の駅舎。駅舎前には木製の長椅子が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180830215539j:plain
券売機です。シンフォニアテクノロジー製の食券型券売機が1台設置されています。券売機で入場券は発売していませんでした。
f:id:JW37BWAN:20180830215857j:plain
運賃表です。玉名駅木葉駅からの運賃は210円、長洲駅、植木駅からの運賃は280円、荒尾駅熊本駅からの運賃は460円、大牟田駅新水前寺駅からの運賃は560円、羽犬塚駅肥後大津駅からの運賃は940円、久留米駅八代駅からの運賃は1110円、鳥栖駅三角駅からの運賃は1290円、博多駅佐賀駅からの運賃は1820円です。
f:id:JW37BWAN:20180830220216j:plain
この駅は簡易委託駅のようですが、窓口は日曜日だったため営業していませんでした。
f:id:JW37BWAN:20180830220433j:plain
さまざまなジャンルの本が並ぶ本棚がありました。
f:id:JW37BWAN:20180830220625j:plain
木製の長椅子が設置された待合所。クッションやぬいぐるみがあり、ほのぼのとした雰囲気が漂います。その上に、何やら興味深い内容が書かれた掲示板が…。
f:id:JW37BWAN:20180830220857j:plain
画像に写っている初代の木造駅舎は1942年から2012年まで供用されていました。
f:id:JW37BWAN:20180830221039j:plain
改札口、ICカードの読み取り機が設置されています。2012年建設の駅舎のため、改札機関連の配線はなくすっきりとしています。
f:id:JW37BWAN:20180830221248j:plain
玉名・大牟田鳥栖方面。ホームは相対式2面2線です。駅周辺で鳥の鳴き声がよく聞こえる静かな駅でした。
f:id:JW37BWAN:20180830221424j:plain
植木・熊本・松橋方面。反対側のホームへは跨線橋で結ばれています。
次回は、弥生が丘駅を紹介予定です。

新入駅に訪問

駅訪問シリーズ。今回は2018年4月28日に訪問した、新入駅です。
新入駅は、福岡県直方市にある駅です。
民営化後の1989年(平成元年)に開業した駅で、直方市の北部に位置します。
2017年春より遠隔監視システム「Smart Support Station」が導入され、無人化されています。
f:id:JW37BWAN:20180819213018j:plain
筑豊地区で昔石炭輸送に使用された「五平太舟」をモチーフにした木造駅舎です。
f:id:JW37BWAN:20180819213641j:plain
送迎スペースは広く確保されています。また、有料の駐車場が設けられています。
f:id:JW37BWAN:20180819213926j:plain
券売機です。高見沢製のULCVが1台設置されています。口座はすべて使われており、無人駅ですが入場券も発売しています。異常時に備えて、インターホンが併設されています。
f:id:JW37BWAN:20180819214309j:plain
運賃表です。直方駅からの運賃は160円、中間駅、小竹駅からの運賃は230円、折尾駅からの運賃は280円、新飯塚駅からの運賃は290円、桂川駅八幡駅海老津駅からの運賃は460円、若松駅からの運賃は490円、赤間駅戸畑駅からの運賃は560円、小倉駅田川後藤寺駅からの運賃は650円、長者原駅、門司港駅からの運賃は840円、博多駅、宇美駅、二日市駅からの運賃は1110円です。
f:id:JW37BWAN:20180819215130j:plain
券売機の横にはチャージ機が設置されています。撮影当時、ロール紙切れだったためか履歴印字不可でした。
f:id:JW37BWAN:20180819215508j:plain
先述の通り、無人化により窓口は閉鎖されています。
f:id:JW37BWAN:20180819215656j:plain
駅舎入って右側には待合室があり、長椅子が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180819213506j:plain
改札口。ICカードの読み取り機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180819215959j:plain
改札内には係員対応精算機が設置されています。
f:id:JW37BWAN:20180819220205j:plain
出場側。
f:id:JW37BWAN:20180819220242j:plain
2番のりば(折尾方面)へは構内踏切で連絡しています。
f:id:JW37BWAN:20180819220438j:plain
直方・新飯塚桂川方面。ホームは相対式2面2線です。
f:id:JW37BWAN:20180819220745j:plain
中間・折尾・奥洞海方面。上下線で線路の高さが違うためか、構内踏切に段差ができています。
次回は、肥後伊倉駅を紹介予定です。